読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めざせ 野菜1日350g! ちまこ通信

野菜たっぷり、薄味減塩、適度に凝り性の家庭料理を紹介しています

みかんジャム☆ 季節の味に一手間加えて

今日おススメするのは、みかんジャム

f:id:chimako-tsushin:20151205114720j:plain

 

我が家では、毎朝食べる自家製ヨーグルトに入れています。

125gのヨーグルトに、たっぷりの果物ジャム。

どんなに忙しい朝も、こうしてヨーグルトと果物を食べています。

 

f:id:chimako-tsushin:20151205114834j:plain

(光が強くて、果物の感じがちょっと見にくいですね)

 

使い方は簡単です。

外皮を剥いた蜜柑にお砂糖を加えて、ひたすら煮るだけ☆

30分で完成しますよ。

 

一袋に10個くらい入っているみかんを買って来て、ちょっとあまってしまった時に、萎びてしまう前に、こうしてジャムにするのもおススメです。

 

それでは、レシピを。

材料

  • みかん        7〜8個
  • 砂糖         大さじ2

  (お好みでブランデー  大さじ2)

 

作り方

  1. みかんの外皮をむき、小房に分けます。みかんの回りの白い部分(アドベド)は無理のない範囲で剥いてください。面倒なら、そのままでも大丈夫。
  2. 鍋に1を入れ、砂糖を全体にまぶします。f:id:chimako-tsushin:20151205115557j:plain
  3. 蓋を閉め、弱火で15分熱します。この時、火が強いと焦げやすいのであくまでも”弱火”にしてください。
  4. 15分ほど経つと、驚くほど水分が出ています。

    f:id:chimako-tsushin:20151205115941j:plain

  5. これを木べらまたはブレンダーで荒く潰します。(今回は木べらで潰しています)

    f:id:chimako-tsushin:20151205120024j:plain

  6. ここで味見をして、ちょっと甘味が足りないかな? という味付けにします。

     

  7. 今度は蓋を開けて15分、弱火で煮詰めたら完成です!

     

ブランデーを加えるときは、6の段階で。

香りを大切にする方は粗熱を取ってから加えるのも、一つの方法です。こうすると、大人の味覚! になります。

 

保存は、粗熱をとってから、消毒しておいた容器に移し、冷蔵庫へ。

 

こちらのレシピ、たくさん食べられるように砂糖の量を控えめにしています。

ですから、日保ちがしません!

 

冷蔵庫保存で2週間! を目安に使い切ってくださいね。

 

 

今日は、気持ちのよいお天気でした。

お休みの方も、お仕事の方も、良い週末を☆

 

では、また。