読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めざせ 野菜1日350g! ちまこ通信

野菜たっぷり、薄味減塩、適度に凝り性の家庭料理を紹介しています

塩豚とキャベツの日本酒煮込み☆ 水を使わず煮込みます

主菜 肉類 豆類 葉菜

初夏のような陽気ですね。

先週は、急に暑くなりちょっとめげ気味だったので、今週はしっかりこってりした料理を食べてみようと思っています。

とは言え、食事時間が遅くなったので2品。ちょっと手抜きです。

 

暑い時にこそ、煮込み料理!

暑さで暑さを制する!ってほどは暑くなっていませんね。シツレイシマシタ。

 

本日の献立は、じゃじゃん♫

塩豚とキャベツの日本酒煮込み

水を使わず、日本酒と野菜の水分だけで煮込んだ料理です。

豚肉の旨味がキャベツに移り、キャベツの甘味が豚肉に溶け込んでいます。大豆は豚肉とキャベツ両方の旨味を吸い込んでいます。

そしてね、ふわっと香る日本酒が、食欲をそそります☆

トマトとカマンベールチーズのサラダ

レモンの酸味をきかせた、さっぱりとしたサラダです。

f:id:chimako-tsushin:20150518225517j:plain

レシピ紹介は、

塩豚とキャベツの日本酒煮込み

材料 作りやすい量

  • 豚バラ肉(塊)  1kg
  • キャベツ     中玉1個
  • 大豆の水煮    カップ1
  • 日本酒      200cc
  • 塩        大さじ2

作り方

  1. 豚バラ肉は幅5cmくらいに切り分け、塩をして15分くらいおきます。
  2. 15分くらいすると豚肉から水分が滲み出てきて、うっすら汗をかいたような状態になります。そうなったら豚肉を軽く水であらい、水をよく切ります。
  3. 鍋に3のバラ肉を脂を下にするように並べ、くし形に切ったキャベツを上に敷き詰め、日本酒を上から注ぎます。
  4. 圧力鍋なら20分、普通の鍋なら60分、沸騰するまでは強火、沸騰してからは弱火にして煮続けます。
  5. それぞれの時間が経過したら、大豆の水煮を加えて一煮立ちさせ、旨味を吸わせて完成です。

f:id:chimako-tsushin:20150518225825j:plain

 

キャベツは、もうトロトロです。

お箸で持ち上げるのは難しいくらい柔らか〜いの。これが豚肉の旨味を吸い込んで、もう美味しいのなんのって☆

 

豚肉もお箸で、すっと切れます。ほろほろ〜っ☆

豚肉に塩をして一度余分な水分を外に出し、そこに日本酒に溶け出した豚肉の脂とキャベツの甘味がはいりこんだ味。渾然一体となった旨味でいっぱい☆

豚肉を食べているのに、キャベツの旨味も一緒に食べている感じです。

「素材が一体化した旨味」とでも言うのでしょうか、美味です。

 

煮込み料理は、煮込んでいる間は他のことが出来るので、おススメです。

こちらも夕べのうちに煮込んでおいたので、遅く帰っても温めるだけでOKでした。しかも、充実感のある献立になります。

一度、試してみませんか?

 

では、また。