読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めざせ 野菜1日350g! ちまこ通信

野菜たっぷり、薄味減塩、適度に凝り性の家庭料理を紹介しています

お昼に親子丼☆ 簡単しっとりお腹いっぱい

ご飯もの 根菜 葉菜 肉類

こんにちは。

今日は朝から庭の手入れをしていて、お昼ご飯が遅くなりました。

それでお腹がとっても空いてしまったので丼☆年甲斐もなく、どんぶり物を作って食べております。

 

こちらの鶏肉は、昨晩の鶏レバー等と一緒に買っておきました。

我が家の場合、おいしい鶏肉を扱っているお店はちょっと遠くにあるので、まとめ買いしています。

出来上がり写真は、こちら。

f:id:chimako-tsushin:20150523153704j:plain

お肉ふわふわ♡ 卵はジューシー、いわゆる「つゆだく」な仕上がりです。

しかもお店の親子丼のように、途中で「しょっぱ!もう飽きた!」とならない味付けです。最後までおいしく食べられないと、楽しくないでしょう!

 

親子丼専用の鍋がなくても、普通のフライパンで3人分くらいまでなら、一度に美味しく作れます。

 

材料 2人分

  • 鶏小間切れ肉    300g
  • 卵         2個
  • タマネギ      大1/2個(中なら1個)
  • 白飯        適宜
  • 青み野菜      水菜1株くらい
  • 合わせ調味料(日本酒:みりん:醤油=50cc:30cc:15cc)

  (直径24cmのフライパンで作る場合の目安量です。日本酒が無ければ水でも。)

  • 青海苔       お好みで

作り方

  1. 最初に調味料を混ぜ合わせ、軽く水洗いして水を切った鶏肉によく揉み込みます。そして他の作業をしている間(15分くらい)おきます。
  2. タマネギは薄くスライスし、水菜は食べやすい長さに切ります。
  3. 卵は白身を断ち切るように、混ぜ合わせます。
  4. ここまで出来たら、調味料から鶏肉を取り出し、調味料をフライパンに入れます。この時、全体に深さが5mmくらいになるような量に調整したいので、足りないようなら調味料を足してください。
  5. 4の調味料の中で、タマネギを中火で煮ます。
  6. タマネギに火が通り透き通り始めたら、鶏肉を加えて蓋をして加熱を続けます。火加減は「静かな」沸騰が続くくらいです。
  7. 途中で鶏肉の上下を返して全体が白っぽくなったら、溶き卵を全体に満遍なくかけ回します。
  8. 再び蓋をして30〜60秒待ってopen!とろとろジューシーな親子煮が登場します。
  9. 丼にご飯をよそい、青み野菜をご飯の上に並べ、8をフライ返しなどを使ってそっと上からのせます。
  10. 飾り用の青み野菜を上から飾ります。
  11. 全員分盛り付け終わったら、フライパンに残った煮汁を上からかけ回して完成です!

 

青海苔は、振っても振らなくても。

ピントが合わせにくかったので、今日は振ってみました。(そんなものです。無くても全然問題ありませ〜ん。)

 

こちら、最後まで飽きずに、おいし〜く食べられる親子丼です。

お店の親子丼って最初の一口二口はとっても美味しいけれど、途中で「もう味が濃くて降参!」という感じになることがありませんか?

いわゆる「つゆだく」のご飯がしっとりした丼は食べたし、濃い味は悲し。

ということで、こんなレシピに辿り着きました。

 

ポイントの1つ目は、短い時間でも良いので「鶏肉を調味料に漬け込むこと」でしょうか。

こうすると薄めの味付けでも、お肉にしっかりと味が回るので、美味しくなります。

 

そしてポイントの2つ目は、ご飯の上に「野菜を敷くこと」。

こうすると味付けご飯に慣れた舌が、野菜でリセットされるので、飽きずに食べられるようです。

ということで、簡単しっとりの親子丼いかがですか?

 

我が家では、こちらに作りおきを合わせて昼食にしました。

みなさま、楽しい一日を。

 

では、また。