読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めざせ 野菜1日350g! ちまこ通信

野菜たっぷり、薄味減塩、適度に凝り性の家庭料理を紹介しています

牛出汁で作る残り野菜のスープ

スープ・鍋物 根菜 肉類

さてさて、今日紹介するのは、トマト牛肉丼の副産物。

トマト牛肉丼を作る時に、牛肉を湯掻いた時に出たスープをつかった簡単美味しいスープの紹介です。

急にこう書かれてもわからない方は、こちらを見てね↓

 

chimako.hatenablog.com

材料は使い切りましょう、無駄は無くしましょうというコンセプトで料理を続けていると、いろんなことが見えてきます。

この牛スープも、その1つ。

金色に輝くコンソメスープとは全然レベルが違うけれど、これはこれでしっかりとした旨味があるので、使いましょうねというお料理です。

ですから、完成度の高いコンソメとは比べないでね、お願い。

 

f:id:chimako-tsushin:20150525102421j:plain

これまた、愛情の足りない写真で失礼します。

光の加減が微妙、、、反省しています。

 

牛出汁で作る残り野菜のスープ

材料

  • 牛肉を茹でた汁    カップ2(足りなければ水を加えて)
  • 塩          1つまみ
  • マッシュルーム    4〜5個
  • 人参         半本
  • タマネギ       1/4〜1/2個

    野菜は残り野菜を上手に使ってください。

作り方

  1. 牛肉の茹で汁は、熱いうちにキッチペーパーを使って濾しておきます。こうすることで、灰汁を取り除くことが出来ます。
  2. マッシュルームは縦に4つ割、タマネギと人参は食べやすい大きさにスライスします。
  3. 1の中に2の野菜を加えてゆっくりと中火で加熱し、沸騰したら火を弱めて野菜が煮えるのを待ちます。
  4. 一番硬い人参に火が通ったら、塩少々で味を整えて完成です。

 

何の難しさも無い、スープですが、しっかりと牛肉のお出汁が効いて、良い香りがします。

 

ポイントは、残り野菜を使う時、硬い物は薄く小さく切ること。

こうすると煮上がりが同じになるので、他の野菜がクタクタになりません。

そしてもう1つ重要なのは、茹で汁を熱いうちに濾すこと。

冷めてから濾すと、脂が全部取り除かれてしまうので、ガクンと旨味が減ります。 コレステロールが心配な方は、逆に冷めてから濾して脂をしっかり取り除いた方がいいのかもしれませんね。

 

この料理、明らかな節約料理、始末料理です。

でもね、昨日のトマト牛肉丼にこのスープを付けると、おなかいっぱい大満足の定食になるでしょう?!

スープの力って偉大なのよ〜♪

ちなみに我が家では、こちらのスープはを朝ご飯として美味しくいただきました☆

 

命あるものを、自分たちが生きるために食べさせてもらっているのだから、余さずしっかりと使い切ること食べ切ることは大切だと思っています。それで、しっかりと始末料理作っています。

 

では、また。