読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めざせ 野菜1日350g! ちまこ通信

野菜たっぷり、薄味減塩、適度に凝り性の家庭料理を紹介しています

基本のケーク・サレ ブロッコリー・新タマネギ・ベーコンでしっとり☆

作りおき・保存食 ブランチ(朝昼ごはん) 根菜 果菜 肉類

さて、世の中で何が起こってもお腹は空きます。小腹が空いたときのために、作りおきでケーク・サレを作りました。

週末のお昼ご飯にも朝ご飯にもよいのですが、私は帰宅後、夕食を作る前に一つ食べています。19時頃って、ほんとうにお腹が空くのよね。。

今日紹介するのは、基本となる取り合わせのケーク・サレです☆

f:id:chimako-tsushin:20150529123626j:plain

 

基本のケーク・サレ

ブロッコリー・新タマネギ・ベーコン

材料

<ベース生地>

  • 強力粉         120g
  • 薄力粉         80g 
  • ベーキングパウダー   小さじ1/2
  • 卵                                            1個
  • オリーブオイル     大さじ3 
  • 牛乳          200cc

<具材>

  • 茹でたブロッコリー   花房3つくらい
  • 新タマネギ       中サイズ1/2個
  • ベーコン        80g

作り方

  1. 具材は1cm角程度の大きさに切ります。ブロッコリーの穂先部分だけは、一回り大きくても大丈夫です。
  2. 粉類3種類を大きめのボウルに入れて、さくっと混ぜ合わせます。振るわなくて大丈夫です。
  3. 卵・油をよく混ぜ合わせ、牛乳を加えて、軽く混ぜ合わせます。
  4. 2の粉類に3を加え、全体がドロドロになるようにヘラなどで混ぜ合わせます。徐々になじんでくるので、あまりこねすぎないようにしてください。
  5. 4に具材を入れて軽く混ぜ、オーブンシートを敷いたケーキ型に流し込みます。空気を抜くように、トントンと打ち付けます。
  6. 180℃のオーブンで、45〜50分焼きます。
  7. 竹串を刺して、生地がくっついてこなかったら完成です!

 

オーブンは、予熱しておかなくて大丈夫。

こういうザックリしたところが、お菓子ケーキとは違うところですね。

40分を過ぎると、急速に上面が焦げてくることがあるので、そんな時は温度は下げずに上にアルミホイルなどをかけてください。

 

このお惣菜ケーキは、材料を結構アバウトに組み合わせても美味しく作れます。

お菓子のように1g違ったら失敗・・・ということは無いので、段取り重視の作りおきタイムアタック!のような時にも作りやすいですね。

週末の楽しみに作ってみませんか?

 

今日は過ごし易くなりましたね☆

と思っていたら、口永良部島で大爆発したようですね。昼のニュースで映像を見てびっくりしています。

『大地動乱の時代』という本を20年くらい前に書いていた研究者がありましたが、とうとうそんな時代がきたのかと思ってしまいます。

 

 

では、また。