読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めざせ 野菜1日350g! ちまこ通信

野菜たっぷり、薄味減塩、適度に凝り性の家庭料理を紹介しています

塩豚のセイロンティー煮☆ しっとりさっぱりジューシー

今日のレシピ紹介は、

塩豚のセイロンティー煮

f:id:chimako-tsushin:20150622212734j:plain 

塩をすり込んで3日置いた豚もも肉を、濃い目のセイロンティーで煮込みました。

お肉にしっかりと塩味がついているので、煮込む時には調味料を使いません。

 

材料

  • 豚もも肉(塊)  500gくらい
  • 塩        小さじ山盛り1
  • セイロンティー  小さじ山盛り3またはティーバッグ2個

作り方

<下準備:塩豚をつくる>

  1. 豚もも肉は軽く水洗いをして、キッチンペーパーなどで水気を拭き取ります。
  2. ネットに入ったものはそのまま、ネット入りでない場合は凧糸で全体を巻きます。
  3. 塩を肉全体に、満遍なくすり込みます。
  4. 肉はラップで包むか、保存袋に入れて冷蔵庫で保存します。

この塩豚は、3日〜1週間くらいが食べ頃です。

保存期間が1週間を超える場合は、冷凍保存してください。

 

<当日の調理>

  1. 塩豚は、調理の30分〜1時間くらい前に冷蔵庫から出し、室温に戻して水洗いをしておきます。
  2. 小鍋に水を沸騰させ、茶葉を入れて2〜3分煮出して濃い目の紅茶を作ります。
  3. 紅茶は、豚肉がヒタヒタになるくらい必要なので、あらかじめ必要量を計っておくと無駄がありません。
  4. 煮込み用の鍋に、1の塩豚と2の紅茶を注ぎます。ティーバッグや茶葉は煮込み用鍋に入れず、紅茶液だけを注ぎます。
  5. 沸騰するまでは強火、沸騰後は弱火にして20分コトコトと煮込みます。紅茶が蒸発していくので、途中で肉の上下をひっくり返してください。
  6. 火を止めて20分、鍋に入れたまま肉を休ませたら完成です。

 

火が通っているか心配な方は、6の段階で竹串を刺してみてください。

透き通った煮汁が出てくれば大丈夫です。

火を止めてからも予熱でかなり火が通るので、火を止める前に竹串を刺すと赤い血が出てくるかもしれません。

火の通りのチェックは、6の段階でしてください。

 

柔らかくてジューシー、それでいてさっぱりした煮豚の完成です。

ティーバッグで紅茶を作った方は、調理後のお鍋を洗う時にティ−バッグでこすると、汚れがよく落ちますよ。是非試してみてください。

 

本日の献立は、こちらです。

f:id:chimako-tsushin:20150622212708j:plain

塩豚のセイロンティー煮 

紅茶で煮込んだ塩豚は、しっとりジューシー。

しかもさっぱりしているので、飽きずにたくさん食べられます☆

カニ肉とトマトのシンプルサラダ 

蒸したワタリガニの肉を、トマトと和えました。

カニ味噌とカニの卵も加わって、磯の香りがいっぱいです。

きゅうりのヨーグルトサラダ(きゅうりのライタ)

水を切ったヨーグルトときゅうりを和えたサラダです。

スパイスを多めに入れるのがポイント。

我が家のレシピは、お野菜多めなので色が緑っぽいのが特徴です。

 

<追記>

副菜のレシピ書きました。

ご関心のある方は、ご覧ください。お野菜をたっぷり使っています☆

 

chimako.hatenablog.com

 

 

では、また。