読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めざせ 野菜1日350g! ちまこ通信

野菜たっぷり、薄味減塩、適度に凝り性の家庭料理を紹介しています

水炊き 熱をもって熱を制す 

お暑うございます。

暑いときでも寒いときでも、冷たい物は飲まない!

冷たいお料理は、お刺身まで! 

冷麺は食べない、スイカも冷やさない、麦茶も冷やさな〜い! のが、我が家の流儀。

暑くても、常温までの飲み物と食べ物で過ごしています。

 

そんな我が家の、「積極的夏対策」の一つが、「熱をもって熱を制す」。

要するに、暑い時には暑いものをたっぷり食べて、汗をかいて元気になりましょう☆ という対策です。

それで本日はこちらの献立に。

f:id:chimako-tsushin:20150714221007j:plain

水炊き 

烏賊のバターソテー 

鶏レバーの花椒炒め 

ほうれん草の小鉢

 

鶏肉は、美味しい鶏肉屋さんにまで出かけて、買ってきました。

そして、レバーはついで買い。

やっぱり、新鮮なレバーは臭みもなくて美味しいですね☆

 

水炊きって、レシピを書くほどのものではないと思うのですが、一応覚書き程度のものを。

 

水炊きのレシピ 

材料 2人分

  • 鶏もも肉 2本(ぶつ切り)
  • キャベツ 1/2個
  • えのき茸 1パック
  • 木綿豆腐 1丁
  • 出汁昆布 15cmくらい
  • 薬味に長ネギなど
  • 塩    小さじ大盛り1

作り方

  1. 出汁昆布を水に浸けます。できれば、前日から水に浸けておいてください。無理な場合は、料理の開始時に水に浸け、加熱まで15分以上おいてください。
  2. 昆布のはいったままの出汁に、軽く水洗いした鶏もも肉のぶつ切りを入れて、水から煮ていきます。水はたっぷりめにしてください。
  3. 沸騰するまでは中火、沸騰したら火を弱めて、ゆっくり30分くらいかけて煮込みます。
  4. 灰汁がたくさん浮いてくるので、丁寧に取り除いてください。
  5. 出汁が半量くらいに煮詰まったら、ざく切りにした野菜と豆腐を加えて、更に5分ほど煮込みます。
  6. 最後に塩で味を整えて完成です。今日の味付けは、いつもより少し濃い目、夏仕立てになっています。
  7. ポン酢などは使わず、スープごと召し上がってくださいね。

 

滋味溢れる鶏スープが、じわじわと体に広がっていく美味しさです。

こうして食べると、キャベツ1/2個なんてあっという間に完食してしまいます。

よい長ネギが手に入ったら、おネギも使ってください。

私はひょろひょろの長ネギしか見つけられなかったので、今回は長ネギなしとなりました。

 

スポーツ飲料もよいけれど、こんなスープも体に沁み込んでいきますよ。

暑い時期には、熱い食べ物で元気を補給!

 これで、明日の暑さも乗り切りましょう!!!

 

作っている時の暑さは、換気扇とエアコンの併用で、何とか乗り切ってくださいね。

本当に、夏のお料理って暑いですね(泣)

 

では、また。