読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めざせ 野菜1日350g! ちまこ通信

野菜たっぷり、薄味減塩、適度に凝り性の家庭料理を紹介しています

野菜たっぷりミートローフ

作りおき・保存食 肉類 根菜 きのこ類 豆類 主菜

作りおきのレシピ紹介です。

今日は「ミートローフ」

 

ミートローフというと、なんだか難しい料理に聞こえるかもしれませんが、要はハンバーグの種を型に入れて焼いた肉料理です。

型に入れて焼くので、野菜を増やしても形になります。

そこで、ハンバーグでは考えられないほどたくさんの野菜をいれて作りました。

そして干しあんずやオレンジピールも入れてみました。

これがですね〜、香りもよくておいしいのです☆ おススメです。

 

主な材料の写真が、こちら。

タマゴの数を間違えています。使ったのは1個です。

f:id:chimako-tsushin:20150721204431j:plain

ではレシピの紹介です。

ミートローフ

材料 850ml型1本

  • 豚ひき肉     300g
  • タマネギ     中1個
  • 人参       中1本〜1/2本
  • 卵        1個
  • 大豆(水煮)      カップ1/2
  • 枝豆       カップ1/2
  • 干しあんず    6個
  • オレンジピール  カップ1/3(あまり甘くないもの)
  • 塩        小さじ1/2

<ソース>

  • 赤ワイン     カップ1/2
  • ケチャップ    大さじ1
  • 粒マスタード   大さじ1/2 

作り方

  1. タマネギと人参はみじん切りにします。オレンジピールは粗みじんに切ります。
  2. 豚ひき肉、タマネギ、人参に塩を加えて、粘りが出るまでよ〜っく混ぜます。
  3. 2が一体となり十分粘りが出てきたら、卵を割り入れて、更に練ります。
  4. 3の記事に残りの材料を加えて、全体に具材が散らばるように混ぜていきます。
  5. 型にキッチンペーパーなどを使って、油を薄く延ばします。
  6. 5の型に、4の生地を敷き詰めていきます。空隙ができないように、キチンと詰めてください。
  7. 180℃に熱したオーブンで、60分焼きます。
  8. 焼いている間に、ソースを作ります。材料をフライパンか小鍋に入れ、全体をよく混ぜ合わせ、半量になるまで煮詰めます。
  9. 焼いている途中で、表面に刷毛等でソースを塗ると、表面が固くなりにくいのでおススメです。面倒な方は、塗らなくても大丈夫です。
  10. 竹串を刺して透明な汁が出てくれば完成です。竹串に具材がくっついてくるようなら、5分程度焼き時間を延ばしていってください。

 

粗熱が取れたら、型をひっくり返してミートローフを取り出し、お好みの厚さに切り分けて、ソースを添えて召し上がれ〜〜♫

 

このミートローフは、普通では考えられないほど野菜がたくさん入っているので、固くなりにくいのです。

ですから焼いている途中でソースを塗らなくても、かた〜くなりません。

ちょっと手抜きができますね。

作りおきお惣菜をまとめて10品くらい作っている時には、オーブンを開けてソースを塗らなくてよい、というのはかなりのポイントです。

 

育ち盛りのお子さんがいらして、もっとお肉っぽくしたい時は、ひき肉を100g増やして、お豆を減らしてください。

 ず〜っとお肉っぽくなります☆

 

というこで、完成したミートローフはこんな風に食卓へ。

連休中のとあるお酒のつまみです。

f:id:chimako-tsushin:20150721205017j:plain

 

ほとんどが「作りおきお惣菜」の酒肴。

こんな楽ができるので、作りおきは止められません☆

 

こみちさん(id:kazenokomichi)、お待たせいたしました。

こちらがミートローフのレシピです。

普通のレシピとは違って、とても野菜が多いので驚かれるかもしれませんね〜。

 

では、また。