読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めざせ 野菜1日350g! ちまこ通信

野菜たっぷり、薄味減塩、適度に凝り性の家庭料理を紹介しています

鶏と冬瓜のお雑炊 暑さ疲れの体にしみこむしみこむ

今週のお題「夏の食事」

このお題は、まさに私のためのお題ですね☆ 

 

連日の暑さ、乗り切れていますか?

我が家は例年通り、食べて食べて食べて乗り切ろうとしています。

 

そして先日、marcoさんが冷房で喉をやられてはいつくばっていると聞きました。

marcoさん(id:garadanikki) 大丈夫??? 復活しそうですか?

 

そんなお疲れ気味の体に沁み込む、口当たりのよい、体を温めるお料理を紹介します。

 

鶏と冬瓜の雑炊

f:id:chimako-tsushin:20150731222736j:plain

鶏と冬瓜のお雑炊のレシピ 

材料 作りやすい量

  • 鶏もも肉のぶつ切り        300g程度
  • 冬瓜               1/4個
  • くるみ              大さじ山盛り1
  • 生姜               1片
  • 塩                小さじ1/2〜1
  • 白飯               茶碗2杯

あれば

  • 枸杞の実

作り方

  1. 冬瓜はくし形に切り、皮を剥きます。生姜は薄切りにします。
  2. 鶏もも肉はなるべく骨付きを求めてください。軽く水洗いをした鶏肉と生姜を、かぶるくらいの水に入れ、弱めの中火で熱します。
  3. 沸騰すると灰汁が沸き上がってくるので、取り除きます。灰汁は最初に出てくる茶色く濁ったものだけは、しっかり取り除いてください。
  4. 灰汁を取り除いたスープに切った冬瓜と胡桃(あれば枸杞の実)を加え、10分くらい弱火で加熱します。
  5. 冬瓜に火が通ったら塩を加えて火を強め、沸騰したら白飯を加えます。再び沸騰したら味見をし、最後に味を整えて完成です。

 

今日は、喉痛さん向けに冬瓜をすり潰しました☆

本当に喉が痛いときは、お野菜の角が気になるものなので。

ですから、見た目がすり流し風になっています。

 

少し疲れが溜まってきた時におススメのお料理です。

鶏肉から出たお出汁が、じんわ〜りと体に沁み込んでいくのが、よくわかる一品。

食べる点滴、とでも表現すればよいのでしょうか。

沁み込む沁み込む、しみこむしみこむ。。。

汗と共に失われた元気が、体内で復活していくのが感じられます。

  

では、また。