読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めざせ 野菜1日350g! ちまこ通信

野菜たっぷり、薄味減塩、適度に凝り性の家庭料理を紹介しています

作りおきお惣菜 ケーク・サレも作って11品☆ 

涼しくなってきて、作りおきお惣菜も作りやすくなってきました。

献立を考える時に、日保ちを考えずに、作りたいものを選べるのはうれしいですね。

 

今日は、予め作っておいたミートソースを使っているので、調理時間を示していません。

ミートソースがあれば、110〜120分くらいで作れます。

11品はこちらです。

 

f:id:chimako-tsushin:20150831120420j:plain

上段左から順に、

豚しゃぶ

小松菜のしらす和え

えのき茸と豚肉のスパイス炒め

我が家でブームとなっている「クミン」を、たっぷり使ったスパイス炒めです。

小さなスパニッシュオムレツ

これはオーブンの天板に余裕があったので、急遽作ることにしました。

朝食用の小さなオムレツです。

茄子の重ね焼き

予め作っておいたトマトソースと、水切りしたヨーグルトとチーズを使った重ね焼きです。

市販のトマトソースを使うと、手早く作れます。

 

中段も左から、

茹でキャベツ

こちらは上段左の豚しゃぶと一緒に食べる予定です。

茹でブロッコリー

こちらはケーク・サレに使った残りです。

蒸し豚の付け合わせにでもしましょうか?

蒸し豚

塩をすり込んで、ゆっくりと蒸しています。

しっとりジューシーな仕上がりです。

 

下段は3品です。

茹で小松菜

こちらは、しらす和えの残り。

鰹節をたっぷりかけて、お浸しにする予定です。

ケーク・サレ(ブロッコリー、タマネギ、ブルーチーズ、オリーブ)

久しぶりに焼いてみました。

時間がない日の朝ご飯に重宝します。

農夫のスープ(白インゲンとキャベツと豚肉)

こちらは今週のスープです。

以前にも作っていますね。

豚しゃぶで出た豚出汁をつかってインゲンを煮込んでいます。

薄い塩味の、体に沁み込むスープです。

 

作り方の手順は、こちらです。

今回はコンロ2口と、オーブンを使っています。

 

3種類のオーブン料理を一度に作ることが出来ないので、二回に分けて作りました。

小さなスパニッシュオムレツは、天板に余裕があったので、急遽作ることにしました。

 

ポイントは、2回のオーブン調理の間に、時間をあけないこと!

茄子の重ね焼きが出来上がったら、すぐに次のケーク・サレをオーブンに入れられるように段取りするのが、時間短縮のキモですね。

 

作り方の手順

手順火を使わない作業コンロ1コンロ2オーブン
1 野菜を切る      
2 豚肉に塩を塗込む      
3 重ね焼きの材料を並べる      
4   豚しゃぶ肉を茹でる 小松菜をゆでる 茄子の重ね焼きを焼く
5   きゃべつを茹でる ブロッコリーをゆでる  
6   スープ用インゲン豆を煮る 豚肉を蒸す  
7        
8        
9 ケーク・サレ用の野菜を切る      
10 ケーク・サレの材料を合わせる      
11 オムレツの材料を合わせる     ケーク・サレを焼く
12   スープに野菜を加える   オムレツを追加する
13   スパイス炒めを作る    

 

前日の作業

前日に、次の3つの作業をしています。

  1. 白インゲン豆をたっぷりの水で吸水させる。
  2. ミートソースを作る。
  3. ヨーグルトを水切りする。

これだけを事前にしておけば万全です。

面倒な方は、

  1. 水煮缶詰の豆をつかう
  2. 市販のトマトソースを使ってミートソースを作る

とすると、準備が格段に減りますね。

ヨーグルトの水切りだけは、事前にしておいた方が、いいですね。

 

いつもの通り、個別のレシピは徐々に。

 

<初めて作りおきお惣菜の記事を読んでくださる方へ>

こちらは、主に朝食と夕食の副菜用につくっているお惣菜です。

宅配で届いた野菜を中心に、肉と魚を組み合わせて作っています。

このまま食べるものも、豚しゃぶのように2品を組み合わせ、当日にタレを作って食べるものもあります。

 

よく加熱して調理し、よくよく冷ましてから冷蔵庫で保存しています。

もちろんお料理を保存する容器は、消毒してから使っています。(消毒時間は調理時間には含んでいません)

食べる時には、もちろん取り箸、取りスプーンを使って取り分けています。 

保存は概ね5日を目安にし、保存性の悪いものから順に食べるようにしています。

 

そしてこれはあくまでも、我が家での目安です。

使う材料の鮮度、容器の消毒、冷蔵庫での冷え具合。。。などによって保存性は全然違ってきますので、保存期間の判断は、みなさんの自己責任でオネガイシマス。

 

急激に涼しくなってきましたが、まだまだ気温は20℃を超えています。

室内に放置! なんてしないでくださいね〜☆

 

では、また。