読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めざせ 野菜1日350g! ちまこ通信

野菜たっぷり、薄味減塩、適度に凝り性の家庭料理を紹介しています

秋の味覚満載の作りおき☆ 90分で8品

雨が降ったり止んだりで、こちらは気持ちまで曇ってきそうな日が続いています。

動くと汗ばみ、じっとしていると肌寒く感じることもある。

こんな暑いとも涼しいとも定まらない気候では、お料理も何を作るか迷ってしまいます。

 

夏と秋、両方の美味しい素材が手に入るのにね。

 

そんな中つくった、今週の作りおきお惣菜です。

全8品、90分でつくりました。

 

f:id:chimako-tsushin:20150907223826j:plain

写真上段左から紹介します。

牛肉と長ネギの黒胡椒炒め 

カボチャとモツァレラチーズのサラダ 

焼き枝豆

お鍋に入っているのが

秋刀魚のすり身汁◇

そして下段にうつって左から、

イチジクとあんずのコンフィチュール 

豚バラ肉のスパイス煮込み 

こちらの料理は、翌日の主菜になりました。

いくらの醤油漬け 

最後に一つだけある3段目は

白茄子のペースト◇

これは更なる進化を遂げて、翌日パフェ風の副菜になりました。

 

 

料理名の後に、◇が付けてあるのはレシピが固まっていない料理です。試行錯誤中と言えばよいのかしら?

 

茄子のペーストと秋刀魚のすり身を作っていたら、本当にフードプロセッサーが使い物にならなくなりました。

嗚呼、買い替え時が。。。

フードプロセッサーは、なくてもお料理は出来るけれど、あると便利なので、きっと買ってしまうのでしょうね、ワタクシ。。。

 

作り方手順は、表を見てください。

豚バラ肉を煮込むのに時間がかかるので、いつもとは少し順序が違い、お肉から調理をしています。

 

手順火を使わない作業コンロ1コンロ2
1 肉を切ってした味をつける    
2   バラ肉を煮る  
3 枝豆の下処理をする    
4     枝豆を焼く
5 野菜と果物を切る    
6 切った茄子を水にさらす   牛肉とネギを炒める
7     カボチャを蒸す
8   一旦バラ肉を火から下ろす 果物を煮る
9   茄子を煮てペーストにする  
10 カボチャとチーズを和える バラ肉を再度火にかける  
11 いくらの処理をする    
12 秋刀魚の下処理をする    
13     つみれ汁を作る

 

こんな感じで。

ひたすらバタバタと90分一本勝負で、完成しました。

 

作りおきお惣菜の変身ぶりは、↓ で見てください。

 

では、また。