読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めざせ 野菜1日350g! ちまこ通信

野菜たっぷり、薄味減塩、適度に凝り性の家庭料理を紹介しています

かぶの肉詰め(鋳込み)

副菜 根菜 肉類 魚介・海産物 おつまみ・酒肴

本日も、昨日に続き蕪(かぶ)を使ったお料理です。

 

簡単出汁で煮込む かぶの肉詰め

 

コロンとした見た目もかわいらしい、野菜のおかずです。

 

かぶをくり抜いて、挽き肉を詰めてお出汁で煮込む料理です。

型の中に溶けた金属を流し込むことを「鋳込み」って言いますね。

それに似た手法で、野菜の中にお肉を詰めるので「鋳込み」とも呼ばれています。

 

かぶにお肉と昆布出汁の旨味が沁み込んだ、絶品料理です。

 

今回はお出汁を取る手間を省いて、おぼろ昆布(とろろ昆布)を使っています。

賢く手抜き、賢く省力化です。

f:id:chimako-tsushin:20151030221322j:plain

 

かぶの肉詰め(鋳込み)のレシピ

 

材料 

  • かぶ          大きめの物2個
  • 挽き肉         30gくらい
  • 長ネギ又はタマネギ   5センチ程度
  • 塩           2つまみ
  • 粉山椒         適宜
  • おぼろ昆布       2つかみ
  • みりん         大さじ1

作り方

  1. かぶは皮を剥き、葉の付け根を切り落として、中をくり抜きます。
  2. みじん切りにしたネギ類と挽き肉に、塩と粉山椒を加えてよく練ります。
  3. 1であけた穴に粉山椒をぱらぱらと振ってから、2を詰めます。
  4. 鍋にかぶの半分くらいの高さの水を入れ、おぼろ昆布を入れて弱火で加熱します。
  5. 4が沸騰したらみりんを加え、かぶを切り口が下になるように加えて、蓋をして5〜10分ほど煮込みます。
  6. かぶが透き通っていたら、完成です。

 

使うお肉は、できれば鶏を。

豚肉でも良いけれど、牛肉はおススメしません。

かぶの旨味に牛の脂はどうも今ひとつ。

 

粉山椒は、お好みで使ってください。

我が家は大人家族なので、ちょっと香りを楽しむために加えています。

 

ポイントは2つ。
  1. 煮すぎないこと! 大根と違って、かぶは火の通りが早いので、グズグズになってしまいます。
  2. おぼろ昆布(とろろ昆布でも)は、水からゆっくりと加熱すること。こうすると美味しいお出汁をたっぷりと出してくれます。

 

切り口は、こちら。

f:id:chimako-tsushin:20151030221208j:plain

 

盛り付けてから、半分か4等分に軽く包丁を入れると、食べ易くなりますよ☆

 

かぶの鋳込み、今回のように和風出汁で煮ると和食に、鶏ガラスープで煮込みミルクを加えるとおいしいシチューにもなりますよ。

 

真っ白で、ころんとした形の蕪(かぶ)。

春の七草の「すずな」は、蕪の別名と言われていますね。冬においしい野菜です。

 

では、また。