読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めざせ 野菜1日350g! ちまこ通信

野菜たっぷり、薄味減塩、適度に凝り性の家庭料理を紹介しています

豚バラ肉と根菜のしっとり煮 野菜をたっぷり召し上がれ♪

さて、本日紹介するのは、

豚バラ肉と根菜のしっとり煮

 

お肉をたっぷり、そして一緒に野菜もたくさん食べましょうという健康的な一品です。

根菜をたくさん摂ると、体が冷えにくくなるともいいますので、冬には殊におススメです。

 

こちらの料理のポイントは、材料の時間差投入!

豚バラ肉を塊のまま調理するときは、野菜を最初から一緒に入れて煮込むのは NGです。

 

野菜においしい肉汁を吸わせたい時も、豚バラ肉に一度火が通ってから野菜を加えてくださいね。

 

こちらが出来上がり☆

f:id:chimako-tsushin:20151130220824j:plain

 

お肉は、塊のまま煮込んで、盛り付ける時に切り分けます。

そうするとね、中がほんのりロゼなんです。

 

この写真でわかるかしら〜〜〜???

 

中がロゼ(火が通っているけれど赤みが残る状態)で仕上がると、お肉の味と香りが全然違います。

ほんのりとした豚の甘味と、ふわ〜っとしたお肉の香りが、食欲をそそるんですよ☆

味を確かめてもらえないのが、本当に残念です。

 

ではでは、レシピを。

豚バラ肉と根菜のしっとり煮

材料

  • 豚バラ肉(塊で)   700〜800g
  • ごぼう        1本
  • 人参         2本
  • じゃがいも      4個
  • ブロッコリー     1/4個
  • 塩          小さじ山盛り1程度
  • ナツメグなど香辛料  適宜
  • 油          少々

 

作り方

  1. 豚肉は表面に塩をすりこみ、30分ほど置いて、常温に戻します。
  2. ブロッコリーは小房に分けて塩ゆでします。
  3. 残りの野菜は、大きめの乱切りにします。
  4. 1の豚肉を30分置いたら、出て来た水分と塩をキッチンペーパーで拭い取り、香辛料をまんべんなくまぶします。(ここで必ず塩を拭き取ってください、そうしないと塩辛くて食べられませ〜ん)
  5. 大きめの鍋に薄く油を入れ、4の肉の表面を焼きます。焼くときは脂の面から。1つの面を60秒くらいかけて焼き、表面にほんのり焼き目がつくくらいにしてください。
  6. 表面が焼けたらひたるくらいの水を入れ、沸騰させます。
  7. 沸騰したら茶色〜うす灰色の灰汁が出るので、灰汁を取り除きます。
  8. 灰汁を取ったら火を弱め、フツフツとやっと沸騰を続ける程度の火加減にして、20分煮ます。
  9. 20分煮たら、3の野菜を加え、材料が全部ヒタヒタになるくらいまで水またはお湯を足します。そして20〜30分間、沸騰を続ける程度のよわ〜い火加減で煮込みます。
  10. 時間がある方は、この後常温になるまで一旦冷ますと、野菜の中まで肉の旨味がしみ込んでいきます。
  11. 食べる直前に、茹でたブロッコリーを上に乗せて、もう一度沸騰するまで温めれば完成です!

 

よろしいですか〜?

お野菜は後から加えてくださいね。

里芋、かぼちゃのような根菜も、切り分けてから一緒に煮るときは、後から投入!

もちろん葉もの野菜の、キャベツや白菜を使うときは、後からにしてくださいね。

 

そして一旦冷ますと、中まで味がしみしみになりますよ☆

 

味付けは、塊肉にすり込んだお塩だけで充分過ぎるくらいです。

心配な方は、味見をしてから胡椒で調整してくださいね。

 

ということで、この日のその他の献立は。

f:id:chimako-tsushin:20151130222721j:plain

ひじきと長ネギの青山椒炒め

こちら、ようやくおススメできるレシピが仕上がりました!

近日、公開!

(って、映画ではないのに。。。)

ブロッコリーのオムレツ

ちょっとした我が家のブームです

 

 

ちょっとお休みしてしまい、シツレイしました。

一山超えたと思ったら、また目の前に山がありました(泣)

こういう時に限って、私事もイベントが目白押しという悲劇。

 

毎日お料理を作っているので、記事にしていない写真がたまってきています。

あ〜、このまま写真だけ出しちゃおうかしら? という誘惑と戦っております。

レシピも料理名も無い写真の羅列って、許されませんよね。

 

では、また。