読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めざせ 野菜1日350g! ちまこ通信

野菜たっぷり、薄味減塩、適度に凝り性の家庭料理を紹介しています

乾燥エノキダケ 干し野菜を作っています

東京では梅雨は明けないものの、まずまずのお天気が続いています。

この気候を利用して、ちま家イチオシの干し野菜「乾燥エノキダケ」を作りました。

 

じゃじゃん♪

 

こんな覆い付きのザルいっぱいにエノキダケを広げて、お日様に当てました。

 

こちらはパック1つ分、約100gのエノキダケ

広げると、結構な量になります。 

f:id:chimako-tsushin:20160718215219j:plain

 

丸1日干した後の姿は〜?!

 

f:id:chimako-tsushin:20160718215352j:plain

あれ? どこにあるか見えない!

ザルと同化して、見えにくくなっていますね。

でもね、あるんですよ。ちゃ〜んと。

 

ほら、全部集めて秤に乗せると。。。!

f:id:chimako-tsushin:20160718215449j:plain

 

なんと!

 

12gになっておりました。

ズイブン、ヤセホソッテ(汗)

 

 

10分の1近くまで乾燥したエノキダケには、旨味がぎゅ〜っと凝縮。 

クリアでとっても深い味わいのお出汁がでるんです。

 

おすまし汁にしたり、スープに入れると、もう美味しいのなんのって。

☆☆☆星三つです!!!

旨味が凝縮しているので、少し加えるだけでお料理の味が引き締まるおススメの食材です。

例えば、炊き込み御飯にちょっと入れると、旨味たっぷりのご飯が出来上がります。

 

その他にも、調理の最後に加えると水分を吸い取ってくれるので、日保ちをさせたいお料理に使うととっても便利なんですよ。

 

前回の作りおきに登場した、「きのこのオイル蒸し」にも、乾燥エノキダケを使っています。

f:id:chimako-tsushin:20160718221438j:plain

 

干し椎茸はよく見かけるけれど、乾燥エノキダケは見かけないので、ちま家ではせっせと自宅で干しています。

きのこって、時々驚くほどお安く売られていることがあるので、そういう時に買い占めて乾燥すると、お財布にも◎ですね。

 

 

梅雨前に作った乾燥エノキダケは、完成までに3日かかりました。

それが今回は、たった1日!

 

空気が乾燥して日差しも強いと、乾燥野菜もあっという間に出来上がります。

 

昨日、西日本は一斉に梅雨明けしましたね。

雨も一段落したので、干し野菜を作ってみませんか?

理科の実験のようで、とっても楽しいですよん♪

 

 

 

さて、連休最終日の献立は手を抜きました。 

骨つき豚肉でぎゅうぎゅう焼き

f:id:chimako-tsushin:20160718220327j:plain

そして、写し忘れちゃったけれど、

きくらげの甘酢漬けなどなど。

 

暑さに負けずに、た〜くさん食べています。

 

では、また。