読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めざせ 野菜1日350g! ちまこ通信

野菜たっぷり、薄味減塩、適度に凝り性の家庭料理を紹介しています

酔鶏(鶏胸肉の紹興酒漬け) ジューシーに仕上げるテクニックを公開します!

今日は、酔鶏のレシピを公開します。

フレンチと中華の技が合体した調理法を、ご覧あれ〜〜☆

 

しっとりジューシーで、ぷりぷりした食感がおいしい夏のご馳走「酔鶏」

味と香りと一緒に、食感も楽しんでくださいね。

 

f:id:chimako-tsushin:20160720212643j:plain

並べ方が、雑なのは許してね。すぐに食べたかったの。

 

 

酔鶏(鶏胸肉の紹興酒漬け)のレシピ

材料
  • 鶏胸肉        1枚
  • 塩          小さじ1/2
  • 生姜         1片
  • 長ネギの青い部分   1本分
  • 鶏ガラスープ      500cc程度

   ガラスープがなかったら、スープの素を溶かして使ってください。

   その時は塩の量を減らしてくださいね。

<調味料>

  • 紹興酒        100cc
  • 塩          小さじ1/2
  • 鶏のゆで汁      250〜400cc
作り方
  1. 鶏胸肉は、厚い部分に切れ目を入れて開き、全体を同じくらいの厚さにし、塩をすり込みます。
  2. 薄切りにした生姜と長ネギを鶏ガラスープに入れ、1の鶏肉も加えて中火にかけ、40℃になるまで温めます。
  3. 40℃になったら、火を止めてそのまま10分休ませます。
  4. 10分経ったら再び中火にかけて、今度は70℃で火を止め、そのまま10分休ませます。(灰汁が浮いてくるのが、ちょうど70℃くらいです)
  5. 10分経ったらスープから取り出し、蓋やラップをして保温しながら、ゆっくりと余熱を加えます。
  6. 4の鶏を茹でたスープ、紹興酒、塩を合わせて一度煮立てて冷ました調味料に、5の鶏肉を漬け込みます。
  7. 2時間以上漬け込んだら、取り出してお好みの厚さに切り分けて完成です!

 

f:id:chimako-tsushin:20160720215252j:plain

 

鶏肉がうっすらとピンクなのがお分かりいただけるでしょうか?

火は通っているけれど、パサつかない!

これくらいの色を目指してくださいね。

 

胸肉とは思えない、ジューシーで柔らかな味わいがおいしい一品です。

鶏肉にしっかりと味をつけているので、つけダレやソースは要りません。

そのままで、おいしい! 絶品です。

 

 

この調理法は、フレンチの「ポシェ(茹でる)」と中華の「紹興酒漬け」を合体させた作り方です。

2回に分けて熱を加えるので、ちょっと手間がかかりますが、鶏胸肉とは思えない美味しさです。

節約料理で大活躍の鶏胸肉を、ご馳走に変身させてみませんか? 

 

 

ところで、今週も本棚の整理にチャレンジしています。

チャレンジはしているのだけれど、全然すすまなくて。。。

整理しようと思いながらも、ついつい読んでしまうからイケナイんですね。

このままでは、大掃除までに片付きそうもありません。どうしよ。。。

 

では、また。