読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めざせ 野菜1日350g! ちまこ通信

野菜たっぷり、薄味減塩、適度に凝り性の家庭料理を紹介しています

鶏レバーと大豆の醤油煮込み

主菜 肉類 豆類 果菜

今日は、中華!

献立はこちらです。

中華風前菜(クラゲ、きゅうり、トマト)

麻婆茄子 

鶏レバーと大豆の醤油煮込み 

 

f:id:chimako-tsushin:20150812220102j:plain

 

レシピの紹介は、こちらです。

夏用のお台所が熱くなりにくい作り方を考えています。

 

鶏レバーと大豆の醤油煮込みのレシピ

 

貧血予防のレバーとお豆を一緒に取ろうという料理です。

大豆の水煮を使えば、あっさり簡単に作れるのでおススメします。

 

鶏レバーと大豆の醤油煮込みのレシピ

材料 作りやすい量

  • 鶏レバー      500g
  • 大豆の水煮     カップ1〜2
  • ピーマン      1個
  • 醤油        大さじ1
  • みりん       大さじ2
  • 五香粉       小さじ1/4〜1/2
  • 油         適宜

「夏用の」作り方

  1. 鶏レバーは血の塊、心臓周りの脂などを取り除き、一口大に切り分けます。
  2. 大豆の水煮は水を切っておきます。
  3. ピーマンは賽の目に切ります。
  4. フライパンに油を熱し、鶏レバーを加え、中火でゆっくりと熱します。
  5. レバーの表面が白くなったら、大豆の水煮を加え、蓋をして弱火で加熱します。
  6. みりん→醤油の順に加えて、ゆっくりと味を含ませます。
  7. 最後に賽の目に切ったピーマンを加え、五香粉を加えたら強火にし、サッと混ぜ合わせて完成です!

 

ピーマンを入れてから長く火にかけると、色が悪くなるので、ピーマンを入れてからは手早く調理してください。

 

暑い時期でなければ、4〜6まで中火から強火で調理をしますが、強火って暑いの。

そこで弱火でゆっくりと素材に火を通す方法に変えてみました。

 

家庭料理だからこそ許されることなのかもしれませんね。

でもね、弱火で火を通すと美味しいんですよ。

ぱさつかないし、素材のもつよい香りが残りますから おススメです。

ポイントは、油にいれた最初だけは少し強めの火加減にすることですね。

 

本当はスープが必要なのですが、力尽きてしまいました。

本当はね、鶏出汁でトマトと卵のスープーを作る予定だったのですが、疲れちゃったの。

 

では、また。