読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めざせ 野菜1日350g! ちまこ通信

野菜たっぷり、薄味減塩、適度に凝り性の家庭料理を紹介しています

甘酸っぱいプラムと新タマネギのケーク・サレ☆ 休日のランチに 

さて、今日は連休の谷間ですが、私はお休みでへろへろしています。

カレンダー通りで仕事の方は、今週末から連休ですね。

そう、連休と言えば、我が家は休日には「それなりの非日常」を求めるタイプなので、休日はちょっと目先が変わったランチを用意することになります。

これは普通の週末はいいのですが、連休となるとちょっと大変。

そこで最近頼っているのが、ケーク・サレです。

ちょっと目先を変えたランチに便利なお惣菜です。これにスープとサラダをつければ、簡単カフェ風ご飯が出来上がります。

 

今日紹介するケーク・サレは、ベースの生地からはチーズの香りがほのかにして、一口食べると新タマネギの甘味かきゅっと出て来ます。そして食べ進むと、プラムが出て来てちょっと甘酸っぱい!

お菓子のパウンドケーキと、お食事ケーク・サレの中間のような取り合わせです。

 

とは言ってもご心配なく!作り方は簡単です。

ケーキのように分量を正確に計らないと、料理の種類が変わってしまうということはありません。

相変わらず、混ぜて焼くだけです。

f:id:chimako-tsushin:20150428103418j:plain

それでは、レシピの紹介です。

 

プラムと新タマネギのケーク・サレ

材料

  • 薄力粉         120g
  • ベーキングパウダー   小さじ1/2
  • 粉チーズ        30g
  • 牛乳          200cc
  • ココナッツオイル    25cc
  • 卵           1個
  • 新タマネギの角切り   カップ1
  • 干しプラム       10個程度
  • ブランデー       大さじ2

作り方

  1. 干しプラムは半分に切り、ブランデーをふりかけて柔らかく戻します。よく乾燥しているものを使うときは、予めぬるま湯で柔らかくしてからブランデーをふりかけてください。
  2. 薄力粉とベーキングパウダーと粉チーズを混ぜ合わせます。
  3. 牛乳とココナッツオイルと卵をボウルに入れ、よく混ぜます。
  4. 新タマネギは、1cmくらいの角切りにします。
  5. 3の液体に2の粉を混ぜて生地を作ります。ゴムベラなどで、さっくり混ぜるとよいでしょう。
  6. 5に、具材となる4の新タマネギを加えます。
  7. 6をオーブンペーパーを敷いたパウンド型に流し入れます。入れたら、1のプラムを生地に均等になるように差し込んでいきます。上の方に集中しないように、中まで差し込みます。
  8. プラムを入れたら、型をトントンと数回テーブルに落とし、空気を抜くようにします。
  9. 180℃のオーブンで、40分焼きます。
  10. 今回は早めに焼き色がついてきたので、30分経ったところでアルミホイルを上に乗せて、これ以上焦げないようにしました。
  11. 竹串を中央付近に刺して、生地がくっつかなかったら完成です。

 

中はこんな感じ。

f:id:chimako-tsushin:20150428104038j:plain

 

では、また。