めざせ 野菜1日350g! ちまこ通信

野菜たっぷり、薄味減塩、適度に凝り性の家庭料理を紹介しています

暑さを乗り切る オススメ豚料理3品! 

暑いですね。

もう、今週の暑さには危機を感じております。

でも、エアコンの効いた家に閉じこもってばかりはいられな〜い。

お仕事休めないし、家事もある。。。

 

そこで、ビタミンBを摂って疲労回復をしましょ!ということで、

オススメの豚肉料理を紹介します。

3品とも、ちま家で大好評のお料理です。

 

オススメ1番は、調理時間の短い炒め物。

豚ばら肉と果物炒め

f:id:chimako-tsushin:20160812151206j:plain

 

肉の塩味と果物の酸味がマッチして、食欲が落ちている日でもパクパク食べられます。

 

今回合わせた果物はオレンジ

オレンジに含まれるクエン酸と、豚肉のビタミンB群を一緒に摂りましょうということで。

 

オレンジ以外の果物でも、酸味が感じられる果物ならOK。

この時期なら、ブルーベリーやスモモがオススメです。

生の果物でなくても、冷凍品や缶詰でも作れます。

 

ポイントは、果物を入れたら半分くらいを潰すこと!

果物をソースにすると、全体に酸味が広がって、美味しくなります☆

 

そして2つ目は、手間なしの煮込み料理。 

キャベツと豚ばら肉の煮込み

f:id:chimako-tsushin:20160812150222j:plain

二人でキャベツ1個をペロリと食べられちゃう煮込み料理です。

お野菜たっぷり。

しかもキャベツに含まれるアリシンは、ビタミンB群の吸収をよくしてくれるので、効率がよくなりますね。

体の中からキレイに元気になっていくのが実感出来る一品で、ちまこはこれを食べた翌日は、お肌の調子がよくなるんです☆

 

そして3つ目は、

排骨(パーコー、パイクーとも)

豚ロース肉の香り揚げです。

f:id:chimako-tsushin:20160812150356j:plain

 

本来は、その名の通り骨つきスペアリブで作るお料理ですが、

手に入りにくかったら、普通のロース肉を使っても美味しく作ることができます。

 

カレー粉や五香粉の香りと、しっかりとした下味が、汗をかいた体にうれしい味付けです。

油でカラッと揚げた肉のサクッとした食感が、食欲をそそります。

 

ご飯にのせて排骨飯にしたり、麺類にのせて排骨面にしても美味しんです。

そしてちま家オススメの食べ方は、

「排骨レタス」

手でちぎったレタスを、さっと熱湯で湯がいてよくお湯を切ります。

そのレタスに〜、あつあつの排骨をのせて一緒にパクパク。

「排骨1枚にレタス1玉」が、ちま家の黄金比です。

 

豚肉とたっぷりの野菜を一緒に食べて、夏を乗り切りませんか?

 

 

 

しばらくブログをサボってすみませんでした。

7月から何となく右手の調子が悪かったのですが、またまた腱鞘炎になっていました。

 

理由は、右手の使いすぎ。。。

生け花で大きな枝を切って(これはちょっと疲れたくらいで、大丈夫)

+伸び放題だった庭木を切って(ここで大きなダメージが)

+ラフィアで夏帽子を編んで(ひねる動作がプラスされ)

 

この3つが重なって、見事な腱鞘炎再発となりました。

そんなことで、お料理は作っても記事を書く元気が無くて、ず〜っとサボっていました。

ごめんなさい?

 

これからは、ボチボチ更新をする予定なので、遊びにいらしてくださいね。

 

では、また。