めざせ 野菜1日350g! ちまこ通信

野菜たっぷり、薄味減塩、適度に凝り性の家庭料理を紹介しています

作りおきお惣菜10品 今週は季節の野菜とお肉入り☆

今週の作りおき10品です☆

春の香りを届けてくれる季節の野菜、セリと菜の花、そしてこの季節に美味しいインゲンを使ったメニューをつくっています。

 

今週は、一度にまとめてではなく、2日に分けて作りました。

夕食を作る時に多めに作ったり、ついでに作ったりという方法です。

作りおきお惣菜をつくるために、まとめて1時間〜2時間の時間を取るのが難しい方には、この方が馴染み易いのかしらと思っています。

 

 

f:id:chimako-tsushin:20150305113711j:plain

 

(写真の上段左から)

小さめロールキャベツ☆

豚肉入りきんぴら☆

あぶぜり(油揚げとセリの煮物)★

いんげんのキーマカレー

人参と柑橘のスープ☆

(2段目左から)

豚耳のゼリー寄せ▲

菜の花の芥子和え★

鮭とパセリの炒め物(タマネギ入り)▲

ブロッコリーの湯引き★

(3段目)

菜の花の塩ゆで★

 

★と▲は、一昨日(火曜日)の夕食を作る時に一緒に作ったもの。

☆は、昨日(水曜日)の夕食を作る時に一緒に作ったもの。

 

☆と★がついているものは、それぞれの日に何らかの形で夕食に登場しています。

全く登場していないのは▲の3品です。

 

今日は、この内から、短時間で作れるキーマカレーと鮭パセリのレシピを紹介します。

これだけなら、20分くらいでささっと作れるので、お勧めです。

 

インゲンのキーマカレー

材料

  • インゲン        100グラム
  • 挽肉(牛肉でも豚肉でも)   100グラム 
  • カレー粉        小さじ1/2
  • 塩           小さじ1/2
  • ガラムマサラ      2つまみ

作り方

  1. インゲンは熱湯で固めに湯掻き、長さ1〜2センチに切ります。
  2. 挽肉を熱して油を敷いたフライパンに入れ、炒めます。この時、焦げるところ塊で中が生のところがあって構いません。
  3. 肉にカレー粉と塩を加え、1のインゲンを加えます。
  4. インゲンに肉から出た脂がうっすらと絡んだら、水50~100ccを加え蓋をします。
  5. 2分くらいしたらインゲンも柔らかくなるので、蓋を開け煮汁を飛ばすように炒め付けます。
  6. 最後にガラムマサラを加えて完成です。

鮭とパセリの炒めもの(タマネギ入り)

材料

  • 鮭フレーク   100グラム
  • パセリ     1/2束
  • タマネギ    大1個
  • 塩       必要に応じて(鮭フレークの味付けによる)

作り方

  1. パセリは粗みじんに、タマネギも粗みじんに切ります。
  2. フライパンを熱し、タマネギが透き通ってくるまでゆっくり炒めます。
  3. 鮭フレークを加えて、軽く炒めます。
  4. ここで必要があれば塩を加えて味を整えますが、使う鮭によって塩分がかなり異なるので、塩の量は調整してください。
  5. 最後にパセリを加えて全体に馴染ませて完成です。

 

フレークではなく切り身の塩鮭を使うときは、予めフライパンでよく焼き(ウェルダンくらいの焼き加減ですね)、フォークなどでほぐしておきます。

時間があるときは、自宅で鮭を焼いてフレークを作ると、香りがいいですよ。おススメです。

 

この料理は、常備しているパセリの元気がなくなった時に考えた一品です。

ですから、あくまでも主役は「鮭とパセリ!」

そこにあまり気味の(と言っては申し訳ないのですが)タマネギを加えたのが発祥です。ですから、必ずた〜っぷりのパセリを使ってくださいね。

そのままで食べても美味しい上に、オムレツの具に、炒飯の具にと使い勝手がよい一品です。

 

別記事で紹介しているレシピは、こちらです。

あとはですね「豚耳ゼリー寄せ」以外はポピュラーなお惣菜が多いので、いずれ紹介できればよいかな、くらいの気持ちでおります。ザックリ派の本領発揮です?

コンソメ不要、塩味不要の人参と柑橘のスープ☆ 人参嫌いがいなくなる?! - めざせ 野菜1日350g! ちまこ通信

 

では、また。