読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めざせ 野菜1日350g! ちまこ通信

野菜たっぷり、薄味減塩、適度に凝り性の家庭料理を紹介しています

たらの酒蒸し  鱈(たら)を丸ごと食べ尽す

スープ・鍋物 魚介・海産物 きのこ類 根菜 豆類

今日の夕食は、鱈の酒蒸しです。

 

丸ごと一尾買い込んだ鱈を、一日目は鱈ちり鍋で楽しみ、

二日目は、頭を酒蒸しで、身を粕汁でいただきました。

 

鱈の酒蒸しのレシピ

 

材料
  • 鱈の頭     半割にしたもの、2つ(1尾分)
  • えのき茸    1/2パック
  • 人参      1/2本
  • 枝豆      少々
  • 日本酒     100ml
  • 塩       小さじ2
作り方
  1. 鱈の頭を半割にします。(力がいるので、魚屋さんで割ってもらってください)
  2. 1にたっぷりと塩を塗込んで笊にのせ、両面にたっぷりの熱湯をかけ回して、霜降りにします。
  3. 霜降りにした鱈の頭をよく洗って、血の塊や鱗を取り除きます。
  4. フライパンにほぐしたえのき茸、人参をひろげ、その上に3の鱈を乗せます。
  5. 上から日本酒を回しかけて、きっちりと蓋をし、沸騰するまでは中火、沸騰後は弱火にして20分ほど蒸し煮にしたら完成です!

 

鱈の頭は、身よりも脂が多めでトロッとした食感です。

こうして調理をすると、甘味を強く感じる仕上がりになります。

お魚の甘味は、味わいが豊かでとっても美味しいですよ。

 

新鮮なお魚は臭みもないので、生姜やネギで臭み取りをする必要もありません。

日本酒で蒸すだけで、ご馳走が出来上がります。

 

一尾丸ごとの助惣鱈(すけそうだら)、美味しくいただきました!

 

その他の献立はこちら。

f:id:chimako-tsushin:20151022211429j:plain

 

鱈の頭の酒蒸し 

秋刀魚の山椒煮 

カブの葉と油揚げの炒め煮 

鱈の粕汁

 

 

では、また。