読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めざせ 野菜1日350g! ちまこ通信

野菜たっぷり、薄味減塩、適度に凝り性の家庭料理を紹介しています

鮎の燻製 ラビゴットソース  香り高い一品をたっぷりの野菜と一緒に

主菜 魚介・海産物 燻製

今日は、鮎の燻製です。

燻製の香りをまとった鮎を、野菜をふんだんに使ったラビゴットソースと一緒に召し上がれ〜♪

 

鮎の燻製 ラビゴットソース

f:id:chimako-tsushin:20160527222907j:plain

 

ラビゴットソース(ラヴィゴットソース)は、野菜の角切りを入れたドレッシング。

簡単に作れて、野菜を無理なくたくさん食べられるので、我が家で活躍中のドレッシングです。

 

ラビゴットソースのレシピ

材料
  • トマト       2個
  • カブ          1/2個
  • きゅうり        1/2本
  • ピーマン      1個
  • 酢         大さじ2
  • 塩         2つまみ
  • オリーブオイル   小さじ1/2
作り方
  1. 野菜はすべて5ミリ角に切ります。
  2. ボウルに酢を入れ、塩を溶かします。
  3. 次に刻んだトマトを2に加え5分くらいおきます。
  4. 3のトマトから水分が出てきたら、その他の野菜を加えて、管全体に行き亘るように和えます。
  5. 最後に、少量のオリーブオイルを加えてなじませたら完成です。

 

鮎の燻製には塩をしていないので、ラビゴットソースのはっきりとした酸味がとってもいい感じです。

鮎の塩焼きよりも、魚自身の味がよ〜っく味わえるんですよ。

 

ラビゴットソースのポイントは2つ。
  • 塩は酢に溶かすこと。

  油を入れてしまうと塩が溶けにくくなるので、先に酢と塩を混ぜます。

  これは他のドレッシングを作る時も同じです。

  • 最初にトマトを酢に加えて、水分を出してから他の野菜を加えること。

  こうすると他の野菜にも味が馴染みやすくなりますよ。

 

 

今回の鮎は子持ちで、中はこんな感じでした。

f:id:chimako-tsushin:20160527224745j:plain

 

 

鮎の燻製は、表面をよく拭いた鮎をスモークチップで15分くらい燻して作っています。

中までじっくり火を入れるために、ゆっくり燻しました。

 

鯖の燻製とほとんど同じ手順ですので、こちらをご参考に☆

chimako.hatenablog.com

 

さて、明日はお休み。何を作りましょう?

 

では、また。