読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めざせ 野菜1日350g! ちまこ通信

野菜たっぷり、薄味減塩、適度に凝り性の家庭料理を紹介しています

ワンタン茶碗蒸し 胃袋も心も温めて☆ 

スープ・鍋物 葉菜 肉類

肌寒さを感じるようになってきたので、今日も体が温まるお料理を。

今日紹介するのは、

 

ワンタン茶碗蒸し

 

ワンタンスープをそのまま、茶碗蒸しにしました。

ワンタンの周りが、スープから卵の海に代わっています。

 

f:id:chimako-tsushin:20151008230137j:plain

 

これが、とっても美味しいの☆

 

どうしてお店で出してくれないのか、不思議なくらい。 

おいしいワンタンが、みんなが大好きな茶碗蒸しになったのですから、美味しいに決まっています!!!

  

ワンタン茶碗蒸しのレシピ

作り方

  1. スープでワンタンと長ネギを煮る。
  2. ワンタンを取り出し、スープの粗熱をとり人肌程度に冷ます。
  3. 溶き卵2個に対し、スープ250〜300ccを合わせて丼などにいれ、ワンタンを加える。
  4. お好みでごま油をほんの少し垂らしても。
  5. お鍋や蒸し器で12〜15分蒸す。竹串を中央に刺して、透明な汁が出てくれば完成!

 

材料 2人分

  • ワンタン     6〜10個
  • 鶏ガラスープ   350〜400ml
  • 長ネギ      1/2本 
  • 塩        小さじ1/2
  • 卵        2個
  • お好みで ごま油 適宜

 

一応、2人分の量としてありますが、1人でも食べられる量ですね☆

 

家でワンタンを作る時は、「豚ひき肉+長ネギ+塩」をよく練ってワンタンの皮に挟みます。

具材にしっかり下味をつけておくと、スープにあまり味をつけなくても美味しくなるので、減塩になりますよん☆

 

こちら、お丼一杯ぺろりと食べられちゃいます。

全然お腹が苦しくならないの。

熱々でツルツルの茶碗蒸しと、トゥルットゥルのワンタンが、あれよあれよと言う間にお腹におさまってしまう不思議な一品です。

 

既製品のワンタンを使えば、気軽に作れるので一度試してみてくださいね。

 

我が家に遊びにくる友人達は、お酒の後の〆にこれを食べるのが大好きなんですよ。

お酒飲みは、茶碗蒸しが好きな人が多いですね☆

 

 

子どもの頃から大好きだったという方も多いのではないでしょうか?

ちまこも例に漏れず「アンタン」としか言えない子どもの頃から、大大大好きなお料理でした。

 

普通に食べるワンタンスープは、こちら。

朝食のスープにすると、体が温まるのでおススメです。

 

f:id:chimako-tsushin:20151008230333j:plain

 

では、また。