読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めざせ 野菜1日350g! ちまこ通信

野菜たっぷり、薄味減塩、適度に凝り性の家庭料理を紹介しています

夏の作りおき7品 朝食強化メニューです

作りおき・保存食 副菜

本日紹介するのは、作りおき7品です!

 

今週のテーマは「朝食強化」

朝食用スープ、カレー、おでんを作っています。

 

f:id:chimako-tsushin:20160715220658j:plain

 

上段左から順に紹介します。

きゅうりの甘酢づけ 

茹でオクラ 

シメジとエノキのオイル蒸し 

自家製の乾燥エノキを使っています。 

小松菜と小海老の炒め物 

下段に移って、

大豆カレー 

タコおでん 

にんじんスープ

 

上段の4品は主に夕食の副菜に、下段の3品は朝食用に作りました。

いよいよ暑くなってきたので、朝ごはんにカレーやおでんを食べて元気になろう!という献立です。

おでんは温めて食べても、冷やしたまま食べても美味しいので、蒸し暑い季節にオススメです。

 

そして、お料理を作るのも暑くて一苦労ですね。

ですから、短時間で調理できるように「水煮大豆」や「チキンコンソメ」を使ってはいかがでしょ?

 

それでは、作り方手順を説明します。

 

使った道具

  • フライパン   1つ(茹でる、炒める用)
  • 中型の両手鍋  2つ(おでん用、カレー用)
  • 小型の片手鍋  1つ(スープ用)
  • バーミックス

 

前日の準備

  • 昆布をたっぷりの水に浸して、昆布出汁を取っておきます。

 

当日の作業

 

 火を使わない作業コンロ1コンロ2
1 きゅうりとオクラを板摺りする フライパンに湯を沸かす  
2 こんにゃくと油揚げを切る トマトを湯むきする  
3 ジャガイモの皮をむく こんにゃくと油揚げを湯通しする 昆布出汁でおでんを煮る
4 人参を刻む オクラと小松菜を茹でる  
5 オクラを刻む キノコのオイル蒸しを作る  
6 きゅうりを切り、甘酢に漬ける    
7   小松菜と小海老を炒める  
8 カレーの材料を刻む    
9   人参をブイヨンで煮る カレーを煮る
10 人参をピュレー状にする    
11   人参スープを再び煮て味付けする  

 

 

東京は今週、毎日蒸し蒸し蒸し蒸し。

過ごしやすかったのは、今日だけでした。

 

この一週間を、我が家は朝カレーと朝おでんで乗り切りました。

暑くなっても、食欲が落ちない体質なので、朝からパクパク食べています。

 

夏でも食欲が落ちないのが、自慢です。(えっへん)

 

 

乾燥エノキの作り方は、こちらで。

今の季節なら、1日で出来ちゃいます。 

chimako.hatenablog.com

 

 

では、また。