読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めざせ 野菜1日350g! ちまこ通信

野菜たっぷり、薄味減塩、適度に凝り性の家庭料理を紹介しています

トマトの塩漬け

今日は、塩漬けトマトを紹介します。

先日のマッサマンカレーの時に、ちょっと顔を出していたサラダです。

 

f:id:chimako-tsushin:20160905211206j:plain

美味しさが凝縮されたような、真っ赤でしょ。

 

最近、いろいろな種類のトマトが売られていますね。

大きい桃のようなトマトから、一口サイズのプチトマトまで。

そんなトマトを、”もっと美味しく食べましょ”というのが、こちらの料理です。

トマトの塩漬け

正確には、「塩水漬け」にして作ります。

 

見た目は湯むきした普通のトマト。

が〜、中は種の部分がゼリー状になっています。

そしてお味は!

トマトの旨味がギュギュッと濃縮したようなお味です。

全体にほんのりとした塩味がついていて、ドレッシングいらず!

 

ではでは、作り方を紹介します。

トマトの塩水漬けのレシピ

材料 作りやすい量

  • トマト        5個
  • 塩            水の量の3%くらい
  • 水          トマトがひたひたになる量
  • お好みでショウガ   1片

 

作り方

  1. トマトを湯むきします。
  2. 水を火にかけて塩を溶かし、人肌くらいまで冷まします。この時お好みでショウガの薄切りを加えても。
  3. 1のトマトを密閉袋に入れ、上から2の塩水を注ぎます。この時、トマトが全部塩水に浸かるようにしてください。
  4. 3日待ったら、完成です!

 

スライスしてそのまま食べても。

ツナと玉ねぎのスライスを一緒に食べても。

ゆで卵と一緒に食べるのも、オススメです。

 

生のトマトをそのまま食べるのも美味しいけれど、一手間かけたトマトも美味しいですよ。

  

こちらのお料理は、marcoさんが紹介していた「冷たい野菜のたき合わせ」を読んで作ったものです。

かっこよく言うと「インスパイアされた」のかな?

正直なところは、「むか〜し作っていたのを思い出して、ちょっとアレンジしてみた」というところ。

 

marcoさんの美味しそうな煮物はこちらをご覧くださいね。

冷たい野菜のたき合せを真似してみた - garadanikki

 

そして、そのmarcoさんが味わってきたご本家?のお料理は、こちら。

北陸夏旅行~1日目 浜松・貴田乃瀬 - garadanikki

 

この日のお料理は、繰り返しになりますが、こんな感じ。

f:id:chimako-tsushin:20160905211457j:plain

 

それでですね、大ニュースです。

みなさまご存知! ちまこが愛読中! のブログ

「自分の仕事は、自分で作る」

の著者にして、ニッポン手仕事図鑑の編集長が、新聞に紹介されました。

 

 

実はちまこ、この新聞(The Japan Times)からメールを受け取りっておりまして、

お昼休みに、ちょこちょこと斜め読みしている時に発見して、オドロイタのなんのって。

 

いきなり英字新聞に登場ですか、編集長。。。

想像を超えたメディア登場☆

ボーダーレスとでも言えばよいのでしょうか???

 

その記事は、こちらです。

読みやすい英語なので、英語が苦手な方も是非ご一読を。

 

www.japantimes.co.jp

 

 

自分の仕事は、自分でつくる

に、編集長が決意表明を書いておられるので、併せてご覧下さいね。

 

では、また。

 

<追記>

最初に投稿した時に、数日先の日付での投稿となっていたので再投稿しました。

そうしたら、いただいていたブックマークやスターが消えてしまいました。

ごめんなさい!!!

 

これに懲りずに、また遊びにいらしてね。