読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めざせ 野菜1日350g! ちまこ通信

野菜たっぷり、薄味減塩、適度に凝り性の家庭料理を紹介しています

丸ごと焼きりんご 熱々がおいしい! 

今日は、デザートから紹介します。

肌寒くなってきた、10月下旬から2月頃までの定番デザートです。

 

丸ごと焼きりんご

f:id:chimako-tsushin:20151025114133j:plain

 

 

 

りんごの芯を取り除き、バターとシナモンシュガーを詰めて、オーブンでじっくりと焼いたデザートです。

 

甘酸っぱいりんごに、あま〜いシナモンシュガーと濃厚なバターが絡み合う焼きりんご。

紅玉りんごの強めの酸味が、このお料理にはぴったりです。

ですから、宅配で紅玉りんごが届くと、すぐに使い途は決まってしまいます。

 

「紅玉=焼きりんご」は、我が家の公式となっています。

 

今回は、りんごの下に刻んだナッツと蜂蜜を敷いてみました。

柔らかくなったりんごに、ナッツと蜂蜜を絡めて食べると、異なる食感が楽しめます。

 

f:id:chimako-tsushin:20151025114211j:plain

 

 

 

お食事を始める時にオーブンでの加熱を始めると、焼き上がって、少し冷めて食べ易い温度になったころ、ちょうどお食事が終わるのではないかしら?

 

オーブンさえあれば、作り方はとても簡単です。

 

材料 2個分

  • 紅玉りんご       2個
  • バター         20g
  • シナモン        適宜
  • ラニュー糖      大さじ2
  • 溶かしバター      10g
  • くるみ         大さじ4
  • アーモンド       大さじ4
  • 蜂蜜          大さじ2

 

作り方

  1. りんごはよく皮を洗い、芯をくり抜きます。
  2. クルミとアーモンドはざく切りにし、蜂蜜と共に耐熱皿に敷き込みます。
  3. 芯をくり抜いたりんごの穴に、バターとグラニュー糖とシナモンを一緒に詰め込みます。溶けるとよく混ざるので、詰める前に混ぜ合わせる必要はありません。
  4. 溶かしバターを上からまんべんなくかけて、160℃に予熱したオーブンで25分加熱します。

 

出来立てを切ったところはこちら。

f:id:chimako-tsushin:20151025114244j:plain

 

皮の赤みが、果肉にほんのり滲んだうす紅色が可愛らしい。

 

この色を見ると、島崎藤村の「初恋」という詩を思い出します。

まだあげ初めし前髪の

林檎のもとに見えしとき

前にさしたる花櫛の

花ある君と思ひけり

 

やさしく白き手をのべて

林檎をわれにあたへしは

薄紅の秋の実に

人こひ初めしはじめなり

 

「紅玉りんご=うす紅色=藤村の初恋」

これは私だけの公式かしら?

 

火傷しないように、ゆっくり冷ましてから召し上がれ〜☆

紅玉りんごが手に入らない場合は、出来るだけ酸味の強いりんごで作ってくださいね。

 

では、また。