読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めざせ 野菜1日350g! ちまこ通信

野菜たっぷり、薄味減塩、適度に凝り性の家庭料理を紹介しています

みかんスライスジャム☆ 

果物 作りおき・保存食 甘い物

今が盛りの温州みかんをスライスして、ジャムを作りました。

 

紅茶に入れて、パンケーキに乗せて。

パウンドケーキに乗せて焼いても☆

使い途、いろいろです。

f:id:chimako-tsushin:20151216214920j:plain

お取り寄せで「オレンジスライスジャム」が人気ですね。

あちらは、ネーブルやオレンジが原料に使われています。

しっかりしていて扱いやすく、香りが強くていいですね。

でも、ちょっと刺激が強めです。

 

こちらは温州みかんを使っているので、刺激がずっ〜と少なく、お年寄りやお子さんでもおいしく食べられます。

 

このお料理のキーワードは、

丁寧。

丁寧に皮を磨いて、丁寧に煮込んで。

そして丁寧に保存容器に入れていきます。

 

温州みかんは、ネーブルやオレンジよりも煮崩れしやすいので、丁寧に丁寧に扱ってくださいね。

 

みかんスライスジャム

 

材料 作りやすい量

 

作り方

  1. みかんは、熱めのぬるま湯に入れて丁寧に洗います。
  2. 厚さ5〜8ミリに、スライスします。
  3. 鍋に2を並べ、ひたひたに冠る程度の水を入れて、沸騰するまで加熱します。

    f:id:chimako-tsushin:20151216213040j:plain

  4. 沸騰したら、静かにお湯を捨てます(茹でこぼし)。この時、スライスを味見し、ピリピリとした刺激が強ければ、もう1回茹でこぼしてください。
  5. 4のみかんを並べ直して、ヒタヒタになる程度の水を入れ、上から砂糖を振りかけます。

    f:id:chimako-tsushin:20151216213139j:plain

  6. キッチンペーパーで落とし蓋をして、15分煮込みます。火加減は、沸騰するまでは、弱めの中火、沸騰後は最弱火にしてください。

    f:id:chimako-tsushin:20151216213233j:plain

  7. 加熱が終わったら、粗熱が取れるまでそのままにしておきます。冷めたら、保存容器に1枚ずつ丁寧に並べていき、最後に煮汁(シロップ)を注ぎます。
  8. もし保存容器に入れた時、シロップからみかんが飛び出すようなら、シロップ(砂糖液)を作り足してください。

    f:id:chimako-tsushin:20151216213403j:plain

 

普通のみかんジャムより、オシャレな出来上がりなので、

そのまま食べても、紅茶に浮かべても。

 ケーク・サレの上に乗せて焼くと、キレイですね。

 

スライスが面倒な方は、こちらがおススメ。

美味しさは、こちらも◎です。

 

chimako.hatenablog.com

 

 では、また。